シャネルの買取も販売もギャラリーレア東心斎橋店にお任せ!

心斎橋エリアでシャネルの高価買取は
ギャラリーレア 東心斎橋店にお任せください

主なシャネル買取実績

シャネルについて

全ての始まりは帽子のアトリエ

世界中のセレブから愛されるシャネル(CHANEL)はココ・シャネル(本名:ガブリエル・ボヌール・シャネル)が1910年にパリで「シャネル・モード」という名の帽子のアトリエを開業したことから全ては始まります。
その5年後の1915年にジャージー素材を使用したドレスを発表し、一躍話題になりパリで注目を集めることとなります。

第2次世界大戦後、窮屈なコルセットから解放された仕立てや、当時喪服として使用されタブーとされていた黒い服を積極的に取り入れていきファッション業界に新たな風を吹き込んでいきます
ココ・シャネルは他のブランドと違い、もともと王室御用達などではなく、孤児から一代で高級ブランドとしての地位を築き上げていきました。
そのため、たくさんの名言などを残しており、多くの書籍で今も紹介されています。
また、1981年、2008年と2度にわたり映画『ココ・シャネル』として映画化され世界に公開されました。
また生涯独身を通したココ・シャネルの死後、カール・ラガーフェルドがシャネルのデザイナーに就任しますが、シャネルのDNAを見事に受け継ぎ、そこから新たにブランドを生まれ変わらせていきました。

日本ではシャネラーという言葉が生まれました

シャネルが日本に輸入され始めたのは1960年代後半になってからとシャネルが生まれて半世紀以上経ってからになります。
1994年には銀座・並木通りにシャネルブティックが開店します。
この時、高校生、大学生など若い世代にもシャネル人気が広がり、全身をシャネルでかためた「シャネラー」という言葉も生まれるなど、シャネルの影響力は日本では大きい存在になりました。

しかし、一方でそれは高級ブランドというものの価値の低下につながり、一時期低迷をします。
現在のシャネルはラグジュアリーブランドとしての価値を再構築しており、特に化粧品に関しては日本に独自の研究所を設置し、アジア人の肌質、好みに合うようにラインナップかえたりと研究を重ねております。

状態が悪いシャネルのブランド品も
高値で買い取ります!

シャネルを売るなら今がチャンス
シャネルを売る絶好のタイミングとは?

ブランド品を売りたいお客様へ

シャネル関連記事

ギャラリーレア 東心斎橋店では シャネル 高価買取強化中!

お知らせ