エルメス(HERMES)不動人気のボリード


ボリードは1923年に誕生しました。「ブガッティ」という車のフロント部分に似ている事から、当初は「ブガッティ」という名前で呼ばれていました。
今では当たり前のように使われているバッグのファスナーなのですが、この「ボリード」が初めてファスナーを取り入れたバッグなのです。ファスナーがついた事により防犯性や機能性が大きく改善され、世界中に爆発的人気を得ました。

余談ですが、後にこのファスナーがファッション業界でも取り入れられて広く存在を知られる事になりました。また、ラグジュアリーブランドであるシャネル(CHANEL)が初めてファスナーつきの洋服を作った際、ファスナーを美しく施す事ができるのはエルメス(HERMES)だけだとして、シャネル(CHANEL)の洋服にエルメス(HERMES)がファスナーをつけるということもありました。

そんなボリードですが、実用性があるだけではなく、その女性らしい丸みを帯びたデザインも魅力の1つです。エルメス(HERMES)では定番の、「ケリー」や「バーキン」はカッチリとしたクールさが魅力なのですが、ボリードはその丸みを帯びた愛らしいデザインから女性らしさを表現してくれています。

ボリードはサイズ展開が豊富で、その数は7種類もあります。自分にぴったり合うサイズ、色を選ぶことができる事が魅力です。
各サイズを簡単にご紹介します。
・ボリード15
一番小さなサイズで、ポーチのようにお使いいただけます。スマホやハンカチ、コインケースなど必要最低限の物を入れることができるので、ちょっとしたお出かけにぴったりなサイズです。
・ボリード21
少しだけ15よりも大きくなり、二つ折り財布なども入れることができるため、収納力が高くなりました。ビビットなお色でコーディネートのアクセントに取り入れるのにもお勧めです。
・ボリード27
コンパクトな見た目なのですが、収納力はかなり高いです。長財布、スマホ、ポーチ、ハンカチなどのお荷物一式は問題なく収納する事ができます。お買い物や普段使いにもお勧めです。
・ボリード30(1923)
全面のステッチ部分がオープンポケットになっており、従来のボリードよりも短めのハンドルになっているのが特徴です。ダブルファスナーがついているデザインが印象的で、スタンダードなボリードよりも、目立つようになっています。
・ボリード31
サイズ的には30と近い感じになっております。普段のお荷物がちょっと多めの方にはピッタリなサイズになっております。
・ボリード35(旧37)
A4サイズのファイルやノートパソコンなども収納する事ができるので、ビジネスにも対応できます。通勤をもっと楽しくしたい、どこに行くにも使えるバッグが欲しい方におすすめのサイズです。
・ボリード45(旧47)
一番大きなサイズです。そのため男性からも支持を得ています。出張や旅行にも対応してくれるバッグです。サメの顔がついた「ボリードシャーク」や野球のボールをデザインした「ベースボール」など、一味違ったデザイン展開もあります。

中でも人気なのは、ボリード27、ボリード31、そして男性にボリード45です。
ボリード27、ボリード31にはストラップが付いて、ショルダーバッグとしてもお使いいただけるのが嬉しいところですよね。最近はオシャレでカラフルなショルダーストラップの展開もありますので、ストラップやツイリースカーフ、バッグチャームの組み合わせによって、自分好みのバッグにデザインをしていくのも一つの楽しみと言えるでしょう。

ぜひ、ご自身にピッタリなボリードを探しに店頭までお越し下さいませ。スタッフ一同、全力でサポートさせていただきます。